• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

大きな手術も建設国保で入院医療費は負担なし(磯子支部・Kさん)

2019-12-01

 私は現在63才、配管工をしています。23才の時に事業所に入社し、組合に入り建設国保にも加入、27才で独立して現在に至っています。

 これまで特に病院にかかることもありませんでしたが、今年の7月、仕事中に体調が悪くなり、行きつけの病院に行くとすぐに内視鏡の検査を行い、食道と胃にガンが見つかり、入退院を繰り返す事となりました。

大きな手術と長期の入院をするのが初めてで、入院代が心配になりましたが、組合事務所に電話した所、入院医療費に関しては負担が無いこと、傷病手当金や共済からも見舞金が出る事を知り大変助かりました。

漠然と組合に入っていましが、この時は本当に加入していて良かったと思いました。私の周りの仲間で組合に未加入の人がいたら、人助けだと思って声をかけていきたいです。

 発見が遅かったら医者に手遅れだったと言われたので、せっかく無料で健康診断を受けられるのでみなさん是非受診して下さい。

「けんせつ横浜」第125号(2019年12月1日)「組合に入ってよかった 助かりました」より。

アスベスト訴訟「メーカー、国の責任は明確 補償基金創設を求める」 「カジノ誘致に組合は断固反対」住民投票求め直接請求署名取り組む
新着情報ここまで