• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「一人でも多く建築大工へ」職訓校見学会

2019-08-31

残暑厳しい8月31日、県立産業技術短期大学にて『横浜建築高等職業訓練校見学会』が行われました。

次世代の建築士を育てたいとの思いから横浜市経済局が主催し、今年で2回目となりますが、見学会を通じて多くの若者に興味を持ってもらえるよう企画されました。またそれと同時に、今まで数多くの卒業生を送り出している横浜職業訓練校の実績を広くアピールしたいとの考えから協力して開催しています。

 当日は見学者に訓練校の歴史や授業のカリキュラムを説明したあと、大工実習場にて実技訓練の授業を見てもらいました。実際に道具を使って作業をしている様子を熱心に見る姿が、将来の建築大工さんを彷彿させ、頼もしい限りでした。

その後は浴用イスの原寸図も描きましたが、予定の1時間半があっという間に過ぎてしまい、終了後参加者は「講師の方がとても熱心に教えてくれて良かった」「原寸大で作図するのは初めてなので難しかった」と話していました。11月にも同じように見学会を開催しますが、一人でも多く建築大工になってもらえるよう、事務局としても最大限協力していきたいと思います。

アスベストの所見で石綿救済法の申請(旭瀬谷支部・Sさん) 「子どもたちの技術に青年部の大工もびっくり」神奈川支部工作教室
新着情報ここまで