• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

イベントに参加、楽しんでいる自分(保土ヶ谷西支部・Iさん)

2019-08-01

組合に入ったのは12年前、夫は左官業をしています。昨年、夏の納涼祭で初めてイベントに参加&お手伝いをして、こんなにも明るく楽しい行事があるのだと感動しました。支部は家の近所にありましたが、夫も私も入院、手術した時だけお世話になるくらいでした。

組合に対する印象は、行事などが堅苦しく、若い人達など居ないだろうと思っていましたが、イベントに関わるようになり、変わりました。支部事務所では些細な事でも親身に相談にのってもらい頼りになる存在で、組合に加入して良かったと思っています。

 昨年末の旭瀬谷支部合同のクリスマス会は、お手伝いしている側なのに楽しんでいる自分がいて、息子夫婦、孫も喜んでいました。建設組合は現場での労働環境や法律相談など主に男性の方がメインの印象ですが、支部ごとに子ども向け、家族向けのイベントをしています。主婦の方でもフラダンス、ストレッチ教室などリフレッシュできる行事もあります。

少しずつですが若い世代の方も増えてきているので、今まで参加を悩まれていた方は一度支部に来ませんか?私は今後も組合活動に参加していきたいと考えています。

「けんせつ横浜」第121号(2019年8月1日)「組合に入ってよかった 助かりました」より。

夏休み社会科見学「ワー、ウォー」強い揺れ体験 3支部合同つかみ取りバーベキュー「BBQに川遊び、最高の天気で」
新着情報ここまで