• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

原水爆禁止国民平和大行進「ローマ法王からの署名が届くのを心待ちに…」

2019-05-11

核兵器のない世界を求めて広島・長崎を目指して日本国中を歩く「平和行進」が今年もはじまりました。

 神奈川県に入って5日目の5月11日、港北公会堂から鶴見区の上末吉町内会館までの午前コースに全体で50人程、港北支部と鶴見支部から13人が参加しました。

出発集会では県内通し行進をされている女性のあいさつと区役所の職員から激励の言葉を受け、核兵器廃絶のシュプレヒコールをしながら2時間ほど歩きました。

昼休みタイムの会場には鶴見支部からの参加が増え、合流会として1歳10ヶ月で被爆した和田征子さんのお話しを聞きました。

長崎のミッション系の学校に通っていたことから英語が堪能な和田さんは、一昨年11月の「バチカン国際会議」に参加され、世界に向けて「核廃絶は人類の責任」と訴えたスピーチが世界に流れたことは記憶に新しいところです。ローマ法王にお願いした署名が日本に届くことを心待ちにしているということでした。

核兵器廃絶のシュプレヒコール=5月11日、鶴見区内

組織統一から1年、激変する建設業界に対応(みなと支部) 5・3憲法集会「平和といのちと人権を!憲法も基地問題も尊重される社会に」
新着情報ここまで