• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

第90回横浜メーデー「まともに暮らせる働き方を実現しよう」

2019-05-01

 「まともな働き方改革を」をスローガンに掲げ、第90回メーデーが5月1日沢渡中央公園で行われ、晴天のもと2000人が集まりました。建設横浜からは117人が参加しました。

あいさつに立った実行委員長の住谷神奈川労連議長は、働き方改革関連法の時間外労働の上限規制に言及し、「繁忙期に単月100時間までとするようなまやかしの変更ではなく、8時間働けばまともに暮らせる働き方改革をしなければならない」と訴えました。

 また共産党の畑野君枝衆院議員は「法定上限以下の『三六協定』で長時間の時間外労働の規制を行わせることが労働運動の大きな闘いとなる」と話し、「皆さんと共に参院選で勝利し、安倍政権打倒のために市民と野党の共闘を」と訴えました。集会後は岡野町公園までデモ行進し、労働環境の整備と賃金の引き上げを呼びかけました。


働き方を変えてまともな暮らしを=5月1日、沢渡中央公園

5・3憲法集会「平和といのちと人権を!憲法も基地問題も尊重される社会に」 「1等の商品券当たる」ますます組合に魅力(緑支部 Hさん)
新着情報ここまで