• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

5・3憲法集会「平和といのちと人権を!憲法も基地問題も尊重される社会に」

2019-05-03

日本国憲法が施行されて72年目となる5月3日、憲法集会が全国各地で行われ、建設横浜は東京の会場に4人、神奈川の会場には22人が参加しました。

 「平和といのちと人権を!5・3憲法集会―許すな!安倍改憲発議―」が有明防災公園で行われ、会場には6万5千人が集まり、芝生スペースには殆ど空きが無いほどでした。スピーチに立った湯川れい子さん(音楽評論・作詞家)は『戦争経験者として、憲法9条を守るために残りの人生をかけたい』と話し、元山仁士郎さん(「辺野古」県民投票の会)は辺野古の基地問題と同じく、憲法も今岐路に立たされている。

民主主義とは何なのか。憲法にある一人ひとりが尊重される社会を作りましょう」と訴えていました。また高山佳奈子さん(京都大教授)や永田浩三さん(ジャーナリスト・武蔵大教授)も、様々な切り口で憲法への思いを話していました。4野党1会派のスピーチの後、リレートークでは発言者から、原発再稼働反対や外国人労働者の労働環境の現状といった話も聞くことができました。

 最後は参加者全員で「翼をください」を合唱し、豊洲コース(公園東口~豊洲公園)と台場コース(公園西口~ウエストプロムナード)に別れ、約40分のデモ行進で締めくくりました。

9条改憲NO!の声=5月3日、有明防災公園

原水爆禁止国民平和大行進「ローマ法王からの署名が届くのを心待ちに…」 第90回横浜メーデー「まともに暮らせる働き方を実現しよう」
新着情報ここまで