• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

いざという時は組合、さらなる発展を目指そう(磯子支部)

2019-05-12

 5月12日、南部自治会館で、組合員、青年部、主婦の会、来賓あわせて21人が参加し、第11回磯子支部定期大会が開催されました。

 冒頭、柴田委員長は「4月の拡大が終わって磯子支部は目標を達成しました。目標を達成しても組合を脱退する人が多いと実増することができませんが、役員さん、組合員さんの協力で目標達成も昨年の大会現勢からの実増も出来ました。いざという時に助けになるのは組合です。仲間を増やし地域との関係を作りさらなる発展を目指していきましよう」と挨拶しました。

 続いて、藤井書記長、各専門部長から活動報告と方針提起、決算と予算案の提案がおこなわれ、質疑の後、すべての議案が拍手で確認されました。

 最後に安田副委員長から「今まで以上の発展をめざしみんなで頑張っていこう」との閉会挨拶で大会を締めました。

提訴11年 アスベスト訴訟全国集会「基金設立し救済必要」「国は命と健康を守る義務」 組織統一から1年、激変する建設業界に対応(みなと支部)
新着情報ここまで