• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

CCUS「経験証明に登録期限が」早期登録でメリット

2019-04-04

 建設横浜は、すべての支部と本部の12か所で、建設キャリアアップシステム(以降:CCUS)の窓口設定登録が完了し、4月1日より本格稼働を予定しています。CCUSの活用で、①専用カードを通じて技能や経験が簡易で客観的に蓄積、②技能や経験の確認や照明が簡易化、③就業履歴を活用した建退共証紙の確実な添付、④経験や技能の技術者レベルに応じた処遇の実現、など技能者にとって様々なメリットがあります。

 登録者数については、国土交通省は運用開始初年度で100万人、その後開始から5年ですべての技能者(330万人)を目標にしています。建設労働者の能力評価制度についても、経験証明(職長経験含む)は2024年3月末までの登録が必要となり、それ以降の登録者はレベル1の評価しか与えられなくなります。

 CCUSの登録料はインターネット申請が2000円、郵送・窓口申請については3500円となっています。

※詳細は建設業振興基金のホームページまたは、各所属支部まで

アスベスト訴訟官邸前宣伝行動「補償基金を作れ」安倍首相に解決迫る イベント通じて組合が身近に(鶴見支部・Nさん)
新着情報ここまで