• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

憲法学習会「政治をあきらめない、考える主権者であれ」

2019-02-12

 神奈川県連主催の平和学習会が2月12日建設プラザにて行われ、91人が参加しました。

 はじめに「憲法と自衛隊」のDVDが上映され、その中で木村草太弁護士は「政府は、憲法13条で集団的自衛権を容認できるとするが、13条には外国を守れとは書いていない。この解釈には問題があり、憲法上、自衛隊は行政組織で、行政権は外国に及ばないので、集団的自衛権の政府の解釈に問題がある」と語りました。

 続いて、「国民目線で考える戦争・平和・憲法」と題し、元内閣官房副長官補、柳澤協二さんの講演がありました。「戦争には理由があり、自然災害ではないので、防ぐことが出来る。攻めてきたらどうするのかの問いには、守るにきまっていて、問題はそこではなく、攻めてこないようにすること。国家の対立を和解する事が平和で、政治が失敗すると戦争になる」と話す柳澤さんの語り口調は穏やかでしたが、説得力がありました。

 政治を決めるのは国民。戦争を決めるのは政治。政治をあきらめないで、考える主権者でありたいと話しました。

 「政治を決めるのは国民」と話す柳澤さん=2月12日、建設プラザ

「原告の訴えに書記官も反応」建設アスベスト訴訟 主婦の会拡大決起集会「会員の数にビックリ!拡大もがんばります」
新着情報ここまで