• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「こんな大きなものを僕らが作ったなんて」中学校で職業講座開催(保土ヶ谷西支部)

2018-11-17

 様々な職業の存在を知ってもらおうと、11月17日、保土ヶ谷区の橘中学校で職業講座が開催され、保育、福祉などの仕事に携わる個人、団体が生徒に向けて体験授業等を行いました。

 保土ヶ谷西支部では、木造軸組み工法の屋根部分を組み上げる建前体験授業を行いました。職業訓練校が建前授業で使用した一棟分の加工材料の中から屋根部分のみを譲り受け、当日の材料としました。「今日は地面のすぐ上に屋根を作るけど、本当は二階の上の作業なので、そのつもりでやってみよう」と説明すると、生徒たちは緊張した面持ちで小屋梁の上に立って作業を開始しました。

 初めはコンビを組んだ友達と息が合わず、材料を引っ張りすぎて友達が小屋梁から落ちてしまったり、遠慮しすぎて動きが止まってしまったりという場面が多く見られましたが、相手の事も気遣いつつ協力し合う楽しさとコツをつかんでからは生き生きと活動し、時間内に屋根を組み上げることができました。

「こんな大きな物を僕らが作ったなんて信じられない!」「最高に楽しかった!」など口々に話しながら、組んだ屋根の上に乗って笑顔を見せる生徒たちの姿がとても印象的でした。

「労供の現場で手応え、仲間同士でフォロー必要」担い手確保・処遇改善シンポジウム 「新しいことにチャレンジ」秋まつりを支部で初開催(港南支部)
新着情報ここまで