• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

加入が1か月遅かったら…(磯子支部Hさん)

2018-12-01

 仕事仲間に声をかけてもらって昨年の12月に磯子支部に入り、建設国保にも加入しました。

 今年の1月になると、腎臓に対して免疫反応を起こしてしまう膠原病の一種で、筋肉や皮膚、肺などに炎症が起こる、国の定める難病の一つ、皮膚筋炎という病気になり、1か月位入院をする事となりました。大きな手術と長期の入院をするのが初めてで、入院代がどれくらいかかるかとても心配になりましたが、組合事務所に電話した所、入院費に関しては負担が無いことや、休業している間は傷病手当金が出る事を知り大変助かりました。

 建設国保の加入が1か月遅かったらこのような制度が受けられなかったと思うとゾッとしました。あの時声をかけてくれた仲間にとても感謝しています。私の周りの仲間で組合に未加入の人がいたら、人助けだと思ってドンドン声をかけていきたいです。

「けんせつ横浜」第113号(2018年12月1日)「組合に入ってよかった 助かりました」より。

「新たなつながりを求めて多様な職種の事業主18人参加」名刺交換交流会 「初心にかえり安全対策に気を配る」 横浜市連労働安全大会
新着情報ここまで