• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「この先10年に向けて支部を超えて交流」10周年フェスティバル

2018-09-09

 横浜建設一般労働組合となって10年目を迎えた2018年。組合発足10周年を記念して、全支部でイベントを開催しました。500人の参加者とゲームやBBQを楽しみ、次の10年に向けた取り組みとなりました。

 はじめに塚本委員長より、「みなさんの協力で10年を迎えることができました。今日は大いに楽しみ、またこれからもご協力をお願いしたい」とあいさつがありました。荒川青年部長は、「今日は青年部員がたくさん参加しています。みんなで協力して成功を収め、交流していきましょう」と話し、10周年フェスティバルがスタートしました。

 最初のゲームは子どものお菓子食い競争。お菓子に向かって一生懸命な子ども達が微笑ましく、終わった後の笑顔が最高でした。続いては3人4脚。真ん中の人がとても大変そうでしたが、大人達の真剣な表情とチームワークは見ものでした。

そして目玉の各支部対抗穴掘り対決。素手で5分間穴を掘り続け、一番深い穴が勝者というゲームで、参加者は一心不乱に穴を掘り続け、終了後は汗だくになっていました。優勝は神奈川支部でした。最後に○×クイズを行いイベントは終了しました。天候にも恵まれたこの日は、いろいろな思い出が残りました。

賃金アップ労働条件の改善「労働者供給事業へ登録を」 公契約条例制定を求め県側と激しく意見交換
新着情報ここまで