• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「不払い相談、イベント参加 組合におんぶにだっこ」(神奈川支部Hさん)

2018-07-01

 私は神奈川区で主にゼネコンの内装仕上げをしています。建設業許可、雇用や労災など各種保険の申請と様々な書類の提出を組合でサポートしてもらっています。中でも、組合に入って良かった事は、大手ゼネコンの仕事で不払いがあった時です。

被害者が一都三県に渡り、全建総連の名でゼネコンと交渉のテーブルが設置され、2年近くかかりましたが、総額の80%を回収しました。組合が無ければ、1円ももらえなかったと思います。

 神奈川支部は町場の方が多いので、地元ならではの事を教えていただいています。支部のイベントには家族で参加しています。子どもは「今度いつバーベキューあるの」と聞いてくるぐらい楽しみにしています。各セミナーにもなるべく参加し、最近ではキャリアアプシステムの必要性を学びました。

 建設業界は多様な法令が有り、分からない事も多く、困ったことがあれば「組合に相談」とおんぶにだっこ状態です。

「けんせつ横浜」第108号(2018年7月1日)「組合に入ってよかった 助かりました」より。

「職訓見学会で未来の担い手を」横浜市が技能継承に本腰 「労働協約を結び年収600万も可能」労働者供給事業
新着情報ここまで