• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

横浜建築高等訓練校第63回入学式「思いを胸に12人がキャリアアップを目指し技能を学ぶ」

2018-04-07

桜の花びらが舞い散る中、横浜建築高等職業訓練校は4月7日、第63回入学式を和田町の訓練校校舎で行いました。今年は、10代から30代まで12人の新入生を迎えました。

 新入生を迎えるにあたり横浜地区建築職業訓練協会の佐々木会長は、「この横浜の訓練校で基礎を学ぶことは大変重要なこと。秋から運用が始まるキャリアアップシステムで自分たちの技能が見えるようになる。仕事と学業の両立は難しいが、いろいろな知識も持って欲しい」と挨拶。

続いて、岩崎校長からは、「新入生のみなさん入学おめでとう。3年後にもここにいるみんなにおめでとうと言いたい。訓練校では、現場では学ぶことの出来ない事も学ぶことが出来、親方に聞きづらい事も講師に聞いてほしい。ここを出ればいいこともある。技能を身に着け3年間頑張ってください」。

また、2年生の齊藤さんは、「訓練校では、実技やコンクール、競技大会など貴重な経験ができます。困ったことがあれば、講師や2、3年生に聞いてくれれば答えてくれます」と歓迎のあいさつがあり、式の終了後に新入生と講師で記念写真をとりました。

名刺交換会に34業者40人が参加「新しいつながりできた」 神奈川支部青年部「花はなくとも楽しく交流」
新着情報ここまで