• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「工務店こそ登録し施行実績アピールを」建設キャリアアップシステム

2018-04-12

 今秋より運用予定の建設キャリアアップシステム学習会を北部ブロック(川崎・鶴見・緑・港北)が、4月12日、港北公会堂で行い、48人が参加しました。

 講師は神建連の吉良書記長が担当し、「キャリアアップには、技能者登録と事業者登録があります。一人親方は、下請けとして現場入場するために事業者登録もする必要がある」ことや、「町場だと関係ないと言う人もいますが、むしろ後継ぎがいる工務店こそ、『当社には、1級技能士が5人いて、在籍20年以上の熟練職人が直接施工します』と、施工実績や職人の技能を公的にアピールするために使ってほしい」と解説し、また、「キャリアアップを建設横浜でも始めた労働者供給事業とセットで活用することで、横浜建設業協会などの地場業者含め、労働協約賃金の実現を目指しましょう」と訴えました。

 参加者からは、「当面は資格のありなしで技能評価されるのか。資格は一杯もっているが腕は悪い人もいるので、その辺も適正に評価してほしい」、「例えば左官から塗装など転職した場合は、どうなるのか」などの感想がありました。

0414国会前大行動「安倍政権に対する怒りの声、国会へ」 名刺交換会に34業者40人が参加「新しいつながりできた」
新着情報ここまで