• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「働いた分だけ金を払え」3・4春の県民集会

2018-03-04

 「いまこそ憲法どおりの日本を、くらしを」、「憲法9条を守りいかそう」、「社会保障の拡充、賃金引き上げと雇用の安定」、など労働者と国民的要求を掲げて、3月4日に反町公園で「春の県民集会」を開催し、労働組合や諸団体などから約1000人の仲間が参加しました。

 集会では、特別報告として国会で審議中の労働法制について田井弁護士から詳しい報告、解説があり、続いて福島原発訴訟の村田団長から、原発事故から7年目を迎えた福島の現状と訴訟のたたかいについて報告がされました。

 参加団体より現場の報告の後、横浜駅までデモ行進を行ないました。デモ行進では、青年を中心につくりあげたサウンドカーが登場し「過労死合法化許すな、うそをつくな!労働者なめんな、働いた分の金くらい払え!」と元気にコールし、沿道から大きな注目を集めていました。

「庶民増税反対の共闘に13団体200人が参加」3・13重税反対統一行動 「原水爆の悲劇学び、繰り返さぬとデモ行進」3・1ビキニデー
新着情報ここまで