• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

平和行進「川崎・横浜市内を行進でつなぐ」

2018-05-11

平和行進は、核兵器のない世界・戦争のない世界を求めて神奈川県内を13日間行進します。今年で60周年をむかえ、川崎・横浜市内を建設横浜の仲間が行進でつなぎました。

 神奈川県に入って第5日目の5月11日、港北公会堂から鶴見区の上末吉町内会館までの午前コースに全体で約50人、港北支部と鶴見支部から6人が参加しました。出発集会では県内通し行進の80歳代の女性の挨拶と区役所の職員から激励の言葉を受け、核兵器廃絶のシュプレヒコールをしながら2時間ほど歩きました。

 昼休みには鶴見支部の参加が増え、交流会では、1歳10ヶ月で被爆した和田征子さんの話しを聞きました。長崎のミッション系の学校に通っていたことから英語が堪能の和田さんは、昨年11月の「バチカン国際会議」に参加され、世界に向けて「核廃絶は人類の責任」と訴えたスピーチが世界に流れたことは記憶に新しいところです。ローマ法王にお願いした署名が日本に届くことを心待ちにしているということでした。

建設キャリアアップシステム、CCUS始まる「処遇改善へつなげる技能者情報をカード化」 5・3憲法集会「全国から9条改憲No!の声」
新着情報ここまで