• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

平民部基地見学「犠牲者のため語り続けることが大切」

2015-11-22

 平民部主催の第2回基地見学が11月22日に行われ、16人が参加しました。平和委員会の鈴木和弘さんをガイドに招き、米陸軍相模総合補給廠~舘野鉄工所跡地(ジェット機墜落現場)~厚木基地~上瀬谷通信基地跡地~陸軍ノースドックをめぐって来ました。

 米陸軍相模総合補給廠は、倉庫が立ち並び、武器や薬品、簡易的な医療設備も保管されている場所で、補給廠の周りは一般の住宅です。この倉庫の1つが昨年、暴発事故を起こし、倉庫の屋根がふきとびました。米軍基地は日米合意で少しずつ返還されていますが、この様な事故が起こると住民は大変不安な状態で生活しているだろうと思いました。この事故の原因は公表されていません。

 舘野鉄工所跡地では、米軍のジェット機が墜落し、5人が死亡しました。昨年、老朽化のため、慰霊碑を建て替えました。慰霊碑を建て、事故を語り続けることが犠牲者にとって大切だと実感しました。

「職人が安心して生活できる予算確保を」全建総連11・25中央総決起大会 主婦の会学習会「憲法の原案は日本人の民間案」
新着情報ここまで