• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「カンナがけで楽しくふれあい」西支部工作教室

2015-09-02

 西支部の工作教室は、東小と西前小で8月中に2回開催し、集まった30組の親子連れが、普段なかなか触れる事のない大工道具を手にして作品作りを楽しみました。

 今年の課題はプランター作りということで、強度を出すために厚めの板を使ったために使う釘も長く、材料の切断もひと仕事です。講師役の組合の仲間は、げんのう、のこぎり、さしがねといった代表的な大工道具の使い方を1人1人に丁寧にアドバイスをしながら、可能な限り自分の力で作成出来るよう指導して回りました。途中、青年部の田中さんによるカンナ掛け体験が始まると、子どもたちはわれ先にとカンナを手にし、上手に削れた子は削りカスの長さを友達と競い合うなど、楽しみながら道具と触れ合っていました。

 今回は初めての試みとして、完成後のプランターを有効利用してもらおうと、造園業の成田さんにお願いして3種類の土を使用しての土入れと花の植え方講習を行いました。約2時間後、全員の作品が無事完成したあと、それぞれ自分の作品を手に記念撮影。満足そうな子どもたちの顔が印象的でした。

「みんなが笑顔になった絆まつり」神奈川県連青年部協議会 「組合に入ってよかった 助かりました」中支部 Sさん
新着情報ここまで