• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「組合に入ってよかった 助かりました」中支部 Sさん

2015-09-02

職訓校で競い合い技術向上

 父が工務店を経営していて、私は小学生の頃から手伝いをしてきました。「夢は大工になること」で、高校卒業後見習いになり、組合にも入りました。

 しっかりと技術を身に付けたかったので21歳のときに横浜建築高等職業訓練校に入校しましたが、同期には同じ年代でやる気のある人が多くいたため、みんなで競い合って技術向上に励み、2級建築士を取得しました。同期の仲間とはいまも付き合い、仕事のやり取りもしています。訓練校に入ってよかったなと思っています。卒業後、はじめて新築工事を請け負ったときは、ステップアップできたことをうれしく思いました。

 また、組合に入ったことで、いままでは会社名しか知らなかった地元の建設業の人たちと付き合えるようになり、組合の会議や飲み会のときにもいろいろな情報交換ができることは大きなメリットです。小中学校の工作教室も楽しく講師をやらせていただいています。

今年から支部青年部長にもなったので、若い仲間の参加を増やせるように盛り上げていきたいと思います。

「カンナがけで楽しくふれあい」西支部工作教室 「華やかな花火に目が釘付け」青年部花火愛好会
新着情報ここまで