• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「すばらしい作りでりっぱ」現場見学会で伝統的構法を再評価

2014-02-23

 木造建築物の伝統的構法の再評価を確認するため2月23日に現場見学会を開催しました。当日は厚木市にある古民家岸邸を見学しました。

岸邸は明治24年に建てられた敷地面積520坪、部屋は全部で15室ある木造2階建てで、使用されている木材の質がきわめて高く、仕上げが入念である事と、部屋ごとに十分な手間が掛けられていることで、平成11年に有形文化財に指定されました。

ガイドをお願いした厚木市郷土資料館館長の大野さんからは、建設の組合ということで逆に廊下の床に出来た隙間はどのように補修すればいいのか質問されました。ただ予算が削られていて実際は直せないともお話されていました。

 参加された方からは「すばらしい作りでりっぱな家だった」「若い人に見てもらって古い家の良さを分かってもらいたい」などの感想が出ました。

ものづくりの技能を若者に伝えるために(川崎支部) 「声をあげればかなう適正単価の請求を」2・6大幅賃上げを求める大集会
新着情報ここまで