• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「組合に入ってよかった 助かりました」保土ヶ谷支部 Yさん

2013-12-02

傷病手当金と市連共済 助かると同時に励まされる

 今年6月、消火器官からの出血で入院、9月には膝に水がたまって歩けなくなり、約3か月にわたって通院で治療を行うことになりました。いままで仕事で身体に無理をさせてきたのだから「この際、一気のメンテナンスだ」と自分で自分を励ましてはいましたが、仕事ができない、収入がないということもあり、内心はがっくりと落ち込む日々でした。そんな時に組合のほうから傷病手当金と市連共済がおり、助かると同時にとても励まされました。またかかりつけの医師からひざ痛予防のために食事療法による「減量」を進められ、3か月で約10キロの減量をしました。そのおかげで、ひざは見違えるように楽になり、今は少しずつ仕事にも復帰しています。組合のおかげで本当に助かったと感謝しています。周りにも「組合に入ったほうがいいよ」とすすめています。

「怒りがみなぎる 銀座と国会でデモ」秘密保護法反対集会 「お父さんと一緒に餅つき」年末まつり(南支部)
新着情報ここまで