• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

横浜市連、横浜市長選挙で市民の市長をつくる会のしばた豊勝さんを推薦

2013-06-20

横浜市連は6月19日、市連大会の席上で8月25日に行われる横浜市長選挙に立候補を表明した、市民の市長をつくる会のしばた豊勝さんと政策協定を結び推薦してたたかうことを決めました。

 建設産業をとりまく情勢は依然厳しいものです。単価や賃金の下落により若い世代の入職が進まず高齢化が進んでいます。私たちはこうした状況を打開しようと運動を展開してきました。

政策協定は5項目。

1,公契約条例の制定、
2,賃金確保と職場環境整備
3,後継者育成事業
4,住宅リフォーム助成の実施
5,安心・安全の福祉都市ヨコハマをめざす。

 組合は公契約条例の制定に向け業界団体や議会各会派に要求をしてきました。現市長は制定に向け前向きな発言もありましたが、現段階では制定にいたっていません。住宅リフォーム助成の要求については門前払いの状況です。

 現市政は待機児童の解消など一定の実績をあげましたが、そこで働く人の賃金は劣悪なものです。一方で603億円をかけて新庁舎の建設を計画するなど、大規模開発に熱心です。私たちの要求に答えられる候補者はしばたさんしかいません。しばたさんは「今の市政は企業誘致・大型開発中心、民営化・委託化推進、将来負担増の予算。市民が大切にされる横浜をめざし、負けるわけにはいかない。勝ち抜いていく」と決意を表しました。

「青天の下、釣りたての魚を焼いて揚げておいし~」青年部船釣り&BBQ 「建材の特定が争点、解体現場の情報を」建設アスベスト訴訟原告団集会
新着情報ここまで