• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「建材の特定が争点、解体現場の情報を」建設アスベスト訴訟原告団集会

2013-06-15

 建設アスベスト訴訟神奈川原告団は6月15日、建設プラザで控訴審に向けた決起集会を開催し原告、支援者含め84人が参加しました。弁護団の阪田弁護士は「東京の裁判で横浜の不当性が浮き彫りにされた」とするも、メーカーの責任と一人親方、中小事業主が認定されなかった点は克服していくとしました。

 裁判所に被害の広がりと暴露実態をわからせる取組として、世論への訴えと合わせ、解体現場を見てもらう事にも言及しました。

 平田岩男原告団長は「一人親方、中小事業主が認められなかったのは大きな問題です。我々は汗みどろになって現場で働いてきた。自ら労災をかけ、労働者と同じ作業をしてきている。原告はどの建材を使ってきたか、正式な名前がわからない。解体現場があれば情報を寄せてもらって、弁護士や裁判官に見てもらいたい」

横浜市連、横浜市長選挙で市民の市長をつくる会のしばた豊勝さんを推薦 第36回住宅デー「建設横浜ここにあり、地域に貢献」
新着情報ここまで