• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

県下いっせい現場訪問「29現場で確認書交わす」

2012-09-02

神奈川県建設労連は9月20日、県下いっせいの現場訪問行動を行いました。南支部では、区内を中心に4か所の現場を訪問しました。

大洋キクシマ建設共同企業体が施工している横浜総合高校移転の現場では、事務所が会議で使われているとのことで外での対応でしたが、所長が質問に対して快く対応してくれました。

ハザマ組が施工している山下町の17階建てのマンション現場は工事も序盤で躯体工事が進んでいる所でした。事務所を訪問すると所長が応対、こうした訪問は初めてということでしたが、現在40人程が就労しているという現場の状況について説明してくれました。安全や衛生面については厳しく対処しているとのことでした。年収660万の賃金の話に及ぶとそのぐらいは欲しいと理解を示しました。建退協については、申し出た人には支店で貼るとのことでした。最後に確認書も交わしました。

今回の取組は全県で150人を超える仲間が参加し、137現場を訪問、確認書を29現場で交わし、春の行動を上回る取組となりました。

「組合に入ってよかった 助かりました」保土ヶ谷支部Mさん 「家族が一緒に参加できる取組みがしたい」本部青年部でバス旅行63人の仲間が参加、すそのフィッシングパークで釣りとバーベキュー
新着情報ここまで