• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「組合に入ってよかった 助かりました」港北支部Nさん

2012-07-09

男らしさに憧れ職人の世界へ 親方からは仕事の素晴らしさを学ぶ

私は学生の頃から職人さんの「男らしい」姿に憧れ、ある時「はんてん」を着て脚立に片足を乗せ、手入れをしていた職人さんの姿を見て、私もなろうと思いました。機会を得て、東京で造園の仕事に就きました。

その時の親方は常々「剪定作業中は樹木と会話しながら、そして我々人間の五体を頭に浮かべながら作業しろ。石組みとは点と点を結び、気勢と目には見えない線を画き結べ。」と諭してくださいました。私たち物造りの理念は、技を磨くと同時に精神の修行が如何に肝要であるかを物語っていると今でも信じています。

その後、浜建労(現・建設横浜)に入り、仕事を進める上で、他業種の方にも協力を頂きとても助かっています。

今後は、執行委員会や分会に限らず、若い世代が参加しやすい環境づくりにも力を注ぎ、また、組合員の拡大と発展に取り組んでいただきたいと思います。

「次世代の親子が集合─日帰りバス旅行─」鶴見支部 建設業の社会保険未加入問題「低単価に苦しむ実態を無視。保険料を払える工事代金こそ必要」
新着情報ここまで